« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月20日 (金)

英語と私

寒い日が続いています。

今日は、娘が朝から熱が出て、学校をお休みしました。
微熱だったのですが、家でゆっくり過ごしていたら、元気になりました。
ほっとしています。

私はといえば、最近英語の勉強も手につかず、なんとなく時間が流れてしまっています。
体調は、だいぶよくなってきたので、そろそろ勉強を再開しなくちゃと思うのですが、なかなか・・。

つらつらと考えているうちに、英語と私の関係について改めて考えようと思い至りました。
もともとは、仕事の糧になれば、と思って始めた英語の勉強。
英語が好きで、始めたわけではないような気がします。
でも、最近は、英語はコミュニケーションの道具。豊かなコミュニケーションの手助けになるな、とも感じています。
聞いたり話したりでも、読んだり書いたりでも、相手とのコミュニケーションを深める手段。
翻訳でいうなら、書き言葉を伝えるお手伝いをするわけです。

仕事に活かすのもいいけど、生活を豊かにするための英語の勉強もしてみたいと思います。
例えば、話は飛びますが、私が英語ができてよかったと思ったことの一つに、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチが読めたことがあります。
もちろん、動画でも見たのですが、英語の原稿を何度も読みました。

話は主に3つの話題から構成されていて、
connecting the dots 点をつなぐ
love and loss 愛と喪失について
death 死について
です。ご存知の方も多いと思います。
私は、このスピーチにとても勇気づけられました。

特に、印象的だったのは次の部分です。
And most important, have the courage to follow your heart and intuition.
They somehow already know what you truly want to become.
Everything else is secondary.

自分の心と直感に従うこと。勇気がいることですが、そんな風に生きられたらいいなと思います。

こんなスピーチに出会えたのも、英語が(少しでも)できたからこそ。
英語を勉強することで、仕事のみならず、いろんな場面で素敵な出会いがあるといいなと思います。

最近、ちょっと落ち込み気味だったのですが、英語と私の関係を改めて考えて、気負わずに、楽しんで勉強していきたいなと思います!

2017年1月10日 (火)

お仕事その後

前記事で書いた、年末年始の翻訳のお仕事ですが、あろうことか、体調不良で途中辞退をしてしまいました。。

引き受けるときも、どうしようか迷ったのです。
今まで受けた仕事は小さい案件だったせいか、なんとかできたので、大丈夫かと思ったのですが、結果としては惨敗でした。
年末年始の落ち着かない時期だったせいもあるのかもしれませんが、翻訳しているうちに、緊張感とストレスで、体調を崩してしまいました。
翻訳会社には大変なご迷惑をおかけするし、自分の甘さを痛感しました。

実は、私には持病があり、普段の生活では大丈夫なのですが、無理をしたりストレスがかかると体調を崩すことがあります。
気を付けていたつもりなのですが、初めて受けた大きめの案件で、途中キャンセルというやってはいけないことをしてしまいました。
納期の延期をお願いすることも考えたのですが、もう頭も体も無理!と叫んでいて、なるべく早く、ということで正月明けに辞退を伝えました。
なんとか、対応してくださる翻訳者さんが見つかったのでよかったものの、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。もうその翻訳会社からは、仕事の依頼が来ることはないでしょう。

反省しきりです。まずは、体調管理を徹底することから始めないと、と思いました。
フリーランスは信用が命。 体調を整えて、もっと実力をつけてから、お仕事をするのはそれから、と心を改めました。

まだ、気持ちが落ち着かなくて、まとまらない内容になってしまいましたが、
今回のことも、いい経験をさせてもらったと思って、今後の方向性を考えていきたいです。
まずは、体調管理。そして、英語、翻訳の実力をつけること。専門知識を身につけること。
仕事をしていくうえでの社会的常識を身につけること。(←翻訳会社の方に、厳しくご指摘いただきました。)

家事、子育てをしながら、在宅で仕事をするのは容易ではないですが、自分なりに活路を見つけていきたいです。

ちょっと内容が重くなってしまいましたが、反省の気持ちを込めて。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »