英語

2018年6月19日 (火)

英検の結果

昨日、2018年度第1回の英検一次の合否結果が発表されました。

私は、準1級を受験したのですが、何とか一次合格していましたhappy01

結果が発表されるまで、緊張とドキドキで大変でした。
今まで受けた英語の試験(英検、TOEICなど)の中で、試験、合否発表ともに一番緊張しましたcoldsweats01
一度、学生時代に受かっているので落ちるわけにはいかないという気持ちがどこかにあったのでしょう。
でも、ダメ元で受験して、よかったです。(まだ一次しか合格していませんが)

CSEスコアは、
Reading  613
Listening  621
Writing  616
Total   1850
準1級の一次合格基準が 1792 で、英検バンドは、GP1+3 でした。

出来が読めなかったライティングが、思ったより取れていたのでよかったです。
昨年受験した1級では、CSEスコアが 1885 だったので、ちょっと下がった感じですが、だいたいこの辺りの実力だということが分かりました。

とにかく、半分落ちると思っていたので、ほっとしました。
あとは、二次試験に向けてがんばりたいと思います!

今回、英検を受験してみて、1級は私には無理と思ったので、まずは準1級合格を目指してがんばって、その後はもっと実践的な英語を身につけたいです。
英検1級も、合格された方からすればかなり実践的なのだと思いますが、私から見るとかなり高い山に見えて。
身近なことや、自分の考えてることを、スムーズに発信できるような英語を、まずは身につけていきたいです。

2018年6月13日 (水)

英検を受験しました

だいぶ日が経ってしまいましたが、先日、2018年度第1回英検を受験してきました。

受験したのは準1級です。

昨年1級を受験して、その難しさに圧倒されたので、今回は準1級を受けました。

受験日数日前からあまり体調がよくなく、受験も迷ったのですが、せっかく受験料も払っていることだし、なんとか行ってきました。

試験開始の20分くらい前から動悸がして、それが試験終了まで続き、かなり疲れました。
受験後の感想は、「英語より健康!」でしたcoldsweats01
最近、微熱や動悸がよくあり、加齢のせいだとは思うのですが、もう若くはないなあと痛感しました。
かなり緊張していたせいもあるのですが、英語が勉強できるのも健康であってこそのこと。
それを実感した受験でした。

試験の出来具合は、解答速報をチェックした結果、リーディングとリスニングで7割5分くらいでした。 ライティングが合格基準以上なら、なんとか一次合格できるかというところです。
ライティングは、文字数を数えずに書いていたら、20~30ワードほど文字数オーバーしてしまっていました。直す時間もなかったので、そのまま提出。内容や語彙、文法もイマイチだった気がするので、あまり期待できないかもしれません。

18日に合格発表があるので、それまでドキドキですが、二次試験の勉強も進めつつ、マイペースにやっていきたいです。
準1級の面接の対策は、実践的な英語が身につきそうに思うので、一次の合否にとらわれることなく、しっかりとやっていきたいと思います。

2018年5月 4日 (金)

近況

早いもので、GWももう後半。

今日は一日のんびりなので、ブログの更新です。

英語の勉強は、細々と続けています。
『実践ビジネス英語』を聞いたり、単語を覚えたり。
今は、英語のオンライン学習サービスに挑戦しようかと思っています。
今までは、読み書きメインでしたが、実際に話せるように、練習するつもりです。
英会話学校は高いのでcoldsweats01、リーズナブルなものにしようと思います。

最近、ちょこちょこパートの求人を見たりしています。
やっぱり、収入が欲しいので。
かといって、翻訳は私には難しい(実力、体力、視力の面からも)ので、できれば英語に関わる仕事がしたいのはやまやまですが、近所でできるパートもいいかなって。
ただ、パートを始めると、英語を勉強する時間をとるのが難しくなると思うので、まだ、ちょっと迷い中です。

自分でも、いろいろ甘いな、と思いますが、まずは体力アップを心がけながら、英語の勉強、パート探しをしていきたいと思います。

明日は、お弁当を持って公園に出かける予定です。
皆さん、よいGWを!

2018年3月16日 (金)

『ドリーム』

久しぶりの更新です。 いろいろ行事が重なったこともあり、ちょっと忙しい日が続いていました。

英語勉強は、ほとんど進まず・・。時間はあったのですが、気力がわかず、1日の勉強時間も無し~数十分くらいでしたsweat01 
そんな中でも、ラジオの『実践ビジネス英語』は、聞くようにしています。
2月は、全てのビニエットを聞くことができましたhappy01


久しぶりに時間にも気持ちにも余裕ができた今日、映画『ドリーム』を借りてきて観ました。
舞台は1961年のアメリカ、NASAで活躍した黒人女性の物語です。
まだ、人種差別が色濃く残る中、自分たちの実力で活躍の場を勝ち取ってきた女性たちに、勇気をもらえました。
最後に、有人宇宙飛行が成功したときは、感動しました。
映画のエピローグに、モデルになった女性たちのその後が紹介されていたのもよかったです。

私は、この映画に出てくる女性たちのような才能はないけど、自分なりに努力して、周りの人たちと協力していけば、何事か成し遂げることはできるかもしれない、と希望のようなものを感じました。
1人の力は限られているけど、人間の力は合わせることによって相乗効果をもたらす、というような。
話が大げさになりましたが、映画を観た感想として覚え書きまで。

ちなみに、私が初めてパソコンを買ったとき(まだ20代でした)、最初に見たのがNASAのホームページだったので、NASAを舞台にしたこの映画は面白かったです。

映画の英語の聞き取りはというと、ほとんど字幕に頼って、たまに聞き取れる程度sweat01
でも、映画は楽しんで英語を勉強できるツールでもあると思うので、また興味がある映画を観ていきたいです。

2018年1月21日 (日)

でる順パス単 英検準1級

ちょっと久しぶりのブログ更新です。

年末年始の行事や帰省で、ちょっと英語勉強のリズムが崩れてしまい、しばらく放置状態でしたsweat01
最近、また勉強を少しずつ始めたので、覚え書きです。

年末に、『でる順パス単英検1級』は1周目終わらせたのですが、どうにも知らない単語が多すぎる。
中途半端にやるより、基礎からやった方がいいと思い、今は『でる順パス単英検準1級』をやっています。
英検1級に比べると、知っている単語が格段に多いのですが、(まだ「でる度A」なのでcoldsweats01)知らない単語にチェックしています。
英検1級の単語の時は、ほとんどが知らない単語だったので、チェックするも何もなく、ただ例文を読んでいたのですが、準1級の単語になると、覚えるという作業が出てきそうです。
まずは、1周終わらせて、英検準1級の単語を確実にしていきたいです。

こんな調子なので、6月の英検は準1級を受けることになりそうです。一度学生時代に受かっているのですが、落ちるの覚悟でcoldsweats01、再受験しようと思います。
合否にこだわるのではなく、ちゃんとした実力をつけていきたいです。
1日の勉強時間は、まだまだ少ないのですが、マイペースで頑張っていこうと思います。

あと、先日『The Steve Jobs Story スティーブ・ジョブズ・ストーリー』 IBCパブリッシングを読みました。
ラダーシリーズという語彙数を段階的に制限しているもので、私の読んだものは使用語数は2000語なので、楽しく読めました。
多読にいいシリーズだと思いました。興味のある題材があれば、また読んでみようと思います。

2017年12月19日 (火)

でる順パス単 その2

少しずつ読み進めている(暗記までは行っていない)『でる順パス単 英検1級』ですが、やっと「でる度C」まで目を通しました。

チェックテストでは、20問中8問正解。 見事に、でる度A、B、Cともに4割の正答率でした。
「でる度C」でも、たまに知っている単語があって、そんなときは嬉しくなります。
ほとんどが、初見の単語で、しかも同じような意味でたくさんの語彙が。
類語辞典とか、使った方がいいのかな、とも思いますが、まずは単語集を覚えるところからやろうかと思います。
『でる順パス単』はあとは熟語編に目を通したら1周目が終わりです。
ちゃんと覚えられるまでに何周目を通さなければならないか、見当もつきませんcoldsweats01

『でる順パス単 英検準1級』も買って、そちらから覚えていこうかな。

まずは、今やっている単語集の熟語編に目を通して、1周終わらせようと思います。

2017年6月24日 (土)

英検の結果

目が覚めてしまったので、夜中の更新です。(早朝かな。)

先日受験した、英検1級の結果が昨日郵送で送られてきました。
19日に、インターネットの英検サイトで結果は確認していたのですが、
解答状況や技能別正答数、学習アドバイスなどがありました。

で、結果ですが。。不合格なのはもちろんですが、
恥ずかしいですが、書いておきます。

英検CSEスコアで
Reading 631
Listening 629
Writing 625
一次合計 1885

でした。合格基準は 2028 で、英検バンドは G1-6でした。
英検1級合格よりはかなり下で、準1級合格よりは少し上、という感じでしょうか。

今の私の実力が、数値で出た、という感じです。
英検1級の勉強、あまり出来ていなかったものなあ・・。
特に、単語、熟語の正答数がひどかったです。
英検1級の洗礼を受けました。

今後は、前回のブログでも書きましたが、2018年1月か6月にまた受験したいです。
いかに、コツコツ勉強できるかにかかっているのですが、なかなか集中できないのが現状です。
なんとか、中級レベルから脱して、breakthroughした自分に出会いたいです。

2017年6月 6日 (火)

英検を受験してきました

先日、2017年度第1回の英検を受験してきました。

受験したのは、1級です。

今の私の実力からいって、英検準1級をもう一度(学生時代に一度合格しています)受けた方がいいかと思いましたが、思い切って、1級にチャレンジしました。

過去問を解いてみたところ、なんと3、4割しか得点できず、ショックでしたが、
まずは一度会場で受験することに意義があると思って、行ってきました。

TOEICより少し長い2時間20分弱、集中してなんとか最後までマークできました。
TOEICとは違って、リスニングが後なので、最後のインタビューのリスニングではヘロヘロでしたcoldsweats01
昨日、解答速報が出たので、チェックしてみたら、筆記とリスニング合わせて4割7分ほどの正解率でした。
自分の中で、「目指せ5割!」だったので、過去問を解いた時よりはよくて少しほっとしました。(レベルが低くてすみませんsweat01
あとは、英作文がどれくらい得点できるかですが、筆記、英作文、リスニング合わせて5割を超えていてほしいなあ、という感じです。
英作文は、190ワードほどしか書けず、しかも同じ語句の繰り返しや、スペルミスもあったので、あまり期待できないかもしれません。

こうしてブログに書けるほどの出来ではないのですが、自分の中の記録として残したいので、書きました。
一度、会場で受験することができただけでも、自分をほめたいと思います。

19日の結果発表を待つまでもなく、不合格確定なので、今後についていろいろ考えています。
次回は、2018年1月か6月にまた受験して、今度はいい線まで行きたいと思います。
そのためには、語彙力アップ、長文をたくさん読むこと、英作文や二次試験対策をすること、を当面の課題にしたいです。

今回、英検1級を受験してみて、難しかったけど、挑戦するやりがいも感じました。
英語を使いこなしている自分をイメージしながら、少しずつ、進んでいきたいです。

2017年3月18日 (土)

不調

ここのところ、体調も英語の勉強もイマイチです。

いきなり、愚痴から入ってしまいました。
なんだか、いろいろ空回りしている感じです。
やりたいことはいろいろあるのに、軌道に乗らない。
そんな感じです。

『7つの習慣』の原書は、少しずつ読み進めています。
ときどき、日本語訳と照らし合わせて読んでいます。
アメリアの定例トライアルも、ここのところ全く提出していないので、そろそろやりたいのですが、手につかず。ダメダメですねsweat01

植物で言うなら、今は根を伸ばす時期だと思うのですが、思うようにいきません。
花咲く日を思い浮かべながら、コツコツとやるべきことをやっていきたいです。

読んでくださっている方には、こんな愚痴ブログになってしまい、気分を害されたら申し訳ありません。
でも、言葉にして書くことで、少しスッキリしました。
なかなか成果のでない日々ですが、前向きにがんばっていきます!

2017年2月26日 (日)

『翻訳とは何か』を読みました

日差しや風に春を感じる今日この頃です。

先日、『翻訳とは何か 職業としての翻訳』 山岡 洋一 著
を読み終わりました。
以前から気になって買ってあったのですが、思い立って、ほぼ一気に読み終わりました。
感想としては、すごいなあ・・という感じです。
著者の方が、翻訳という仕事を愛していらっしゃるのを感じました。
翻訳の仕事について、ここまで事細かに書いてある本は、初めて読みました。


翻訳とは何かから始まり、歴史の中の翻訳家や、翻訳の技術、翻訳の市場、翻訳者への道など、内容は多岐にわたります。
どれも、とても参考になりましたが、中でも印象に残った部分を覚え書きしておきます。

「翻訳の秘訣、それは完成度の高い日本語で書くようにつとめることである。」P108

「このようにしていくと、不足していたものが「能力」という抽象的なものではなく、「技術」という具体的なものであることがわかるはずである。翻訳に必要なのは、日本語で表現する「技術」、外国語を読む「技術」、内容を理解する「技術」なのである。」P114

「翻訳とは学び伝える仕事である。」P193

特に、不足しているのは能力ではなく技術であるという箇所に、勇気づけられました。
それなら、コツコツ技術を習得していけばいい。

あと、やはり翻訳は(特に英日翻訳に関しては)、日本語の力が重要なんだな、とも改めて再認識しました。

英語を読む力では、最低洋書を100冊読んでいなければならないという指摘があり、私はほんの数冊しか読んでおらず、まだまだだな、と思いました。
英語を学ぶために読む段階、道具として使いこなす段階、翻訳のために読む段階の三段階のうち、私はまだ第二段階、道具として使いこなす段階に達していません。

自分の置かれた立場、実力を思い知る1冊となりました。

これからどこまで行けるか分かりませんが、まずは、洋書をたくさん読むことから始めたいと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー